お客様事例

お客様事例 - JAS Worldwide Warehouse 全て表示 »

View the PDF version

統合された倉庫

大規模な倉庫業務を単一プラットフォームに接続して以来、JAS Worldwide は全世界で生産性と業務効率を大幅に向上させています。

国内外の流通と輸送の分野で34年の経験を持つMatt Ross 氏ほど、JAS Worldwideにおけるグローバル倉庫業務の機能を向上するための最良の方法を見出す適任者はいません。「JASに勤務して13年になります」と同氏は言います。「一時期、私は輸送と会計の単一プラットフォームをリサーチするチームにいました。しかし、同時に 倉庫管理システム(WMS)も必要としていました。チームの倉庫物流担当が私だったため、倉庫管理システム の任務を引き受け、すべてのサイトを統合することになったのです」

これまでRoss 氏は JAS Worldwide の8の子会社で統合を行なっており、同社の倉庫事業は世界中に広がりつづけています。同社のサイトを米国、カナダ、韓国、シンガポール、オーストラリア、南アフリカそしてスイスの統合プラットフォームに統合する際、Ross氏は主導的役割を果たしています。 

しかし、同氏の仕事はそう容易なものではありませんでした。「当社にはグローバル全体でいくつかのソフトウェア・パッケージがありました。こうしたプロジェクトが始動してから、何度もソフトウェアを変更する必要がありました」と同氏は語っています。「自社のソフトウェアですら問題を抱えていました。子会社の中には独立型のシステムを有している企業があり、まったく何も使用していない子会社もあれば、Excel を使用している子会社もありました。同じソフトウェアを使用していた事業所でさえ、接続できない異なるバージョンを使用していたのです。

「当社はひとつのシステムでひとつの倉庫の情報を管理し、また異なるシステムで輸送を管理していました。そして、ふたつのシステムを統合することは不可能でした。当社には単一のプラットフォームが必要でした」

Ross氏がJAS社における倉庫管理システムのソリューションを調査する責任者であったとき、できるかぎり効率的に全世界の業務を管理できるソフトウェアを探しました。「私はそれぞれの倉庫管理システムの機能を項目ごとに比較しました。WiseTech Global の製品は全事業所にあるすべてのものよりも頭ひとつ抜きんでていました。基本的な輸送から細かなピック&パック業務とすべてが含まれていました。このプラットフォームが完全に私たちのニーズと合致したのです」 

「本当に簡単に、JAS 社の倉庫事業チームはグローバル・ビジネスの他の分野とシームレスにつながるソリューションを見つけたのです」と同氏は語っています。「当社は『ゆりかごから墓場まで』使いつづけられるシステムを手にしました」と同氏は言います。「PO 管理から倉庫管理まで、そして仕向地への輸送となり、配送、そして別の倉庫にいたる。単一システムで輸送に直接統合を行なうー誰もしたことがない最大の課題をCargoWise Oneでやってのけたのです。

適切なシステムを採用することで、カスタマーが求めている可視性を完全な形で提供することができました。Ross氏はこう振り返っています。「その時点までカスタマーに完全な形での可視性を提供する方法はありませんでした。自社の追跡確認機能を使ってもできませんでした。CargoWise Oneを使用することでカスタマーが必要としている情報を提供できるようになりました」  

Ross氏は倉庫物流を閉鎖型ネットワークのパイプラインにたとえてくれました。同氏はこう説明してくれました。ソフトウェアはカスタマーが可視化できようにパイプラインで確認ポイントを作成できます。しかし、もっとも優れた統合ソリューションのみが確認ポイントをどこに作成するか、いつそのデータを表示させるのかをカスタマーに選択させることができるのです。 

「CargoWise One の Web Tracker を利用して JAS に接続すれば、いつでもどこからでもパイプラインで貨物を確認できます。カスタマー自身がログインし、カスタマー自身で在庫を管理できるのは私たちにとって非常に大きなことなのです」と Ross 氏は付け加えています。「当社のカスタマーは当社に電話をかけて『うちの在庫は何? うちの在庫はどこ? これは何だ、あれは何だ?』と確認する必要はありません。すべてカスタマー自身で調べられるのです」

JASは WiseTech Global の LDaaS (Logistics Device as a Service) プログラムにさらなる利点があることに気づきました。それにより倉庫業務の効率性と生産性を向上し、かなりの経費削減ができるのです。「1台のデバイスのために2,000ドル以上費やしたり、2台のデバイスに5,000ドルを費やしたりする必要はありません。LDaaS を使用すれば2年間同額で倉庫全体のニーズを満たすことができるのです」

「さらにはLDaaS は設定済みの状態なのです」Ross氏はさらに語ります。「ただオペレーターにデバイスを渡すだけです。そして、使い方はとても簡単です」 誰もが簡単に入庫、格納、注文作成を行なえます」

JAS Worldwideが過去10年間に得た生産性は同社が未来に向かって進んでいく中、衰える兆しを見せていない、と Ross 氏は語っています。「たとえば現在、グローバル展開したいと考えているドイツを拠点にするクライアントを当社は抱えています。EDI 配信のシステム機能により、当社はすべてのサテライトの流通センターとクライアントのメイン・センターを素早く接続できます」

「JAS社の倉庫管理システムに関して言うと」とRoss 氏は続けます。「当社にはオンラインでの購買や商取引においてグローバル企業を世界のあらゆる場所でサポートするのに十分な実績があります。異なるプラットフォームで業務を行なっていたときには不可能でした。当社全ての倉庫を同じシステム上で、単一プラットフォーム上で運営することにより、さらに効率的に業務を行ない、当社カスタマーに完全な形での可視性を提供できるのです」

JAS Worldwideは同社の統合システムに寄せる信頼性により、さらに多くの見込み客の関心を得ていると実感しています。「JASがCargoWise Oneを選んだのは、より多くのカスタマーとより多くのビジネスを当社にもたらしてくれる からです」と いうのがRoss 氏の結論です。「そして CargoWise One は当社がそれを実現する力になってくれました」

JAS Worldwide は下記サービスを提供しています。

  • 幅広く、相互接続のある世界規模の倉庫業務ネットワーク
  • 航空、陸上および海上の貨物輸送
  • 通関書類、手続き、コンサルティング・サービス
  • 顧客満足度と可能なかぎり高いサービス水準へのコミットメント

前のカスタマーストーリー:

CFR Line

高度に統合した物流プラットフォームにより、CFR LineのMDであるHarald Hermans 氏は多国間レベルでの競争態勢が整っていると確信しています。

次のカスタマーストーリー:

郵船ロジスティクス

郵船ロジスティクスはProject Bridgeの興味深い視点を披露してくれました。それはシステムおよびプロセスの大胆な再構築を意味するもので生産性、パフォーマンス、そしてスタッフの成功においてすでに膨大な利益を示しています。