お客様事例

お客様事例 - VBE Group 全て表示 »

View the PDF version

 

世界を動かす人たち:VBE Group

競争の激しい地域においてオランダのVBEグループはテクノロジーを活用してより良いサービスを提供し、より効果的に働き、そしてより容易に成長を果たしています。 

ロッテルダム港はヨーロッパにある同じタイプの港で最大のものであり、年間4億6,700万トンを超える貨物を処理しています。そこは1974年に家族経営の道路輸送事業として設立された物流企業、VBEグループの本拠地です。何年にもわたりVBEは海上および航空貨物、倉庫保管、通関業さらには貨物混載をそのサービス範囲に追加して成長してきました。 

「ここでの競争は激しいものがあります。ロッテルダムだけで300件ほど、オランダ全土に1,000件以上のフレイト・フォワーダー業者がいます」とVBEのマネージング・ディレクターを務めるMichael de Rouw氏は説明してくれました。

業界全体で利益が縮小しつづけるにつれて、企業は価格だけで競争することができなくなっています。ロッテルダムで競争に勝つことは違いをもたらすことによって他とは異なる存在になることです。De Rouw氏はロッテルダムで生き残りたいと考えている物流企業に対してこんな質問を投げかけています。「何を提供するのか?」

その唯一の答えはDe Rouw氏いわく卓越したサービスです。ロッテルダムの物流市場は過酷であり、VBEのような中堅企業の命運は評判が握っているのです。市場をリードするサービスを提供する必要性がVBEを資産を持たない企業グループに変革するという決定を2015年に下す理由となりました。つまり、倉庫やトラックを保有しないという決定です。これはどの物流プロバイダーにとっても大きな変更ですが、de Rouw氏の目から見ると、必要なものでした。

「ロッテルダムでの倉庫業は非常に競争が激しいため、こうした決断を下したのです」と同氏は述べています。

「ある日は倉庫が満杯になりますが 翌日には半分空になってしまいます。そこでリスクを承知のうえですべてを借りることにしたのです」

VBEが移行した非資産ベースのプロバイダーへの動きは、大きな流れになっています。de Rouw氏によれば、大型倉庫や輸送フリートなど高額の資産を保有しているオーナーはサードパーティー・ベンダーとして活動し、他社にその資産を貸し出しています。

その一方でVBEのように幅広い権限を有する物流プロバイダーは資産表をスリムにし、必要に応じてリソースを借りるという選択を行なっています。これによりカスタマーのさまざまな要請に柔軟に対応できるようになるのです。しかし、この新しい順応性の高いビジネスを実践するには、それに適応したシステムを導入する必要があります。こうした理由からde Rouw氏はビジネスの構造と同じように、VBEのテクノロジーに対する取り組み方を変革する必要があると考えました。

「当社は従来の物流システムを使用しており、それに加えて 
会計には別のシステムがありました。倉庫システムさえも別のものでした」と同氏は振り返ります。 

「それぞれのシステムを繋げてはいましたが、1つのシステムとして機能していませんでした。そこでさまざまなシステムを調査し、テストを行ないました。そして、ついにCargoWise Oneに行き当たったのです」

そのプラットフォームについて耳にしてから6カ月もしないうちに、VBEは現状のシステムから切り替えることを決定しました。輸入マネージャーであるChris de Haas氏はCargoWise Oneにより同氏のチームが行なっていた手作業によるデータ入力が削減され、それが顧客満足度を向上させたことに気づきました。

「私たちはExcelの概要をカスタマーに送っていました。手動でのデータ入力をしなくてはならない代物でした」とDe Haas氏は言います。 

「そして私たちは週に一度、一日に一度、あるいはカスタマーの望む頻度でレポートを送らなくてはなりませんでした」

「ご想像のとおり、たいへん時間のかかる作業です。船舶がスケジュールどおりなのかどうか、遅れや到着が早まったがどうかといったことを確認するために、毎日レポートの確認もしなければならなかったからです。今ではそうしたことすべてが自動で行なわれています。いったんファイルを作成すると、到着および出航の最新の予定が毎日自動で更新されるのです」

CargoWise Oneの稼働を開始して以来、VBEはその膨れあがった作業プロセスを簡素化してきました。新規事業所が開設されるとすぐにオンライン状態となり、間を置かずに他の事業所とつながることができます。同社が開設したばかりのハンブルグ・オフィスは開設後1カ月も経たないうちにCargoWise Oneの稼働を開始しました。すべての事務所は完全なデジタル化に向かっています。

「私たちの英国のオフィスではワークフローの観点から見ると、完全にペーパーレス化されています」とde Rouw氏は述べています。 

「それは本当に素晴らしいことです。でも、それは恐ろしいことでもあります。私が言いたいのはフレイト・フォワーダー業者は何かを手にしていなくてはならないということです」

テクノロジーを活用することはすでに多くが実践され、VBEのビジネスの変革に寄与しています。しかしde Rouw氏にとっての任務が終わることはありません。テクノロジーは日進月歩で進歩していて、VBEのような物流企業が恩恵をこうむりたいと待ち望んでいる新しい最適化と改善をもたらしてくれるのです。 

「もし以前のシステムをCargoWise Oneと比較すると、当社の効率は30-40%改善していると思います。しかし、まだ道半ばです。当社はさらなる効率改善ができると私は確信しています。

VBEグループはカスタマーに以下のサービスを提供しています:

  • 国際陸送貨物
  • 海上および航空貨物
  • 混載貨物
  • 倉庫と3PL
  • 通関業
  • 高レベルのカスタマー・サービス、ビジネス倫理、個別のアプローチ

前のカスタマーストーリー:

M.E. Dey

物流業界で105年の歴史のあるM.E. Deyは、洗練されたテクノロジーを使用することにより、従業員の効率とハイレベルなカスタマーサービスを維持しています。

次のカスタマーストーリー:

World Exchange

World Exchangeは、何世代にもわたって続く家族経営の物流企業です。未来を見据え、過去を尊重し、この急速に変化する業界で変わらぬ成功を収めています。