CFS

輸出入を円滑に行うためには、管理が行き届いているコンテナフレートステーション(CFS)が不可欠です。大量の貨物を扱うデポにおいて、商品の受け渡し時に商品の搬出入を把握することは、顧客満足や出荷が停滞しないことを保証するために不可欠です。

スマートなコンテナ管理をコントロール

CargoWise Oneのコンテナ管理ソフトウェアによって、輸出入に関するコンテナ要件をすべて簡単に処理します。インターフェイスによって、ワンクリックで(複数のコンテナでも可)パックラインを割り当てることができます。積荷リスト(コンテナ毎)のオートパック機能により、時間を節約することができます。複雑なブッキングの場合、CargoWise Oneを使用することで、複数のコンテナに分割された大量の貨物を正しく管理でき、すべての貨物は指定された目的地に到着します。出荷準備が整った時点でゲートパスの作成および印刷ができます。予期しないイベントが発生し遅れる場合は、システムは迅速にコンテナステータスを貨物からストレージに変更します。それらはすべてCargoWise Oneシステム内で実行されます。

出荷プロセス簡素化のためのエンドツーエンド統合

コンテナがデポに出入りする際、コンテナ管理のサイクルを簡素化するソリューションが必要です。CargoWise Oneは、あらゆる輸送タイプ間にシムレースな移行を作り出すことによって、エンドツーエンドのサプライチェーンオペレーションを迅速に行うことができます。フレートステーションのストレージと連携したフォワーディング機能により、輸送からデポへ移動したり戻る際に、コンテナデータを自動的に転送することができます。デバンニングの詳細およびアウトターンレポートは自動入力されます。輸送ドキュメントを生成し、現地の貨物輸送動向を管理することができるため、コンテナ輸送に支障をきたすことはありません。 そして、独自の、またはより詳細な統合要件がある場合、 CargoWise OneはXMLファイルを使用して他のアプリケーションとのインタフェースを可能にします。

生産的なコンテナデポの管理

タリーシート、ラベル、積荷リスト、アウトターンレポート、ゲートパス、在庫明細表などの重要なドキュメントやレポートは、CargoWise Oneに電子的に保管されています。カスタマイズが可能なフィルタとグリッドオプションを使用することで、情報の検索や監視が容易になります。また、フレキシブルなテンプレートは、特定ニーズや企業イメージに合わせてレポートの設定が可能です。自動会計機能は、収益および原価計算の機能を備えており、CMSを御社の利益/損失センターに変換することができます。マルチ通貨の自動請求機能を使用することで、サービス料と保管料の収益損失を防ぎます。御社が海上または航空貨物を専門としてるかどうかに関わらず、CargoWise Oneの単一プラットフォームシステムは、より効率的で正確で生産的なエンドツーエンドオペレーションにつながるコンテナ管理システムを備えています。

CFS概要

 

CargoWise Oneはコンテナ管理システムにおけるニーズをすべて提供し、エンドツーエンドのコンテナまたはデポのオペレーションをより効率的、生産的かつ正確に行うことができます。

 

生産性概要

 

CargoWise Oneがどのように物流業務を生産的にするのかを簡潔に説明しています。

お客様事例

 

WiseTech Globalの革新的なソフトウェアが、どのように世界中の物流サービスプロバイダの生産性、データの信頼性、および管理の効率に影響を与えているかをご覧ください。

お問い合わせ

御社のビジネス目標を達成するための最適な提案についてお問い合わせください。

  • 北米および南米
  • オーストラリアおよびニュージーランド
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • アフリカ