タリフとレート

コスト、契約、見積りを簡単に管理

CargoWise Oneは、迅速なスポット見積りの作成や複数の複雑なビジネスを問わず、異なるコストの契約、自社タリフ、または特定の顧客レートの管理、競争力の維持、顧客基盤および収益を拡大するために役立つよう設計されています。コストモジュールは、船会社、航空会社、国内の運送会社など、特定のサービスプロバイダの買取レートを入力するためのツールをオペレーターに提供し、アクセス権を持つすべてのユーザーに可視性を提供します。

可視性向上のための迅速で正確な見積りの作成

オペレーターは、カバーシート、価格表、推奨代理店、および契約条件を含む洗練された見積りパッケージを簡単に作成できるようになります。この情報は、それぞれの部門間の可視性を向上させるだけでなく、見積りを慎重に確認または調整できるようにすべて一元管理されます。見積りが承認されると、オペレーターはそれを即座に顧客レートのセットに変換できるため、二重入力が発生することはありません。さらに、この情報を使用して個々の見積りまたは出荷を自動計算することもできます。

効率性、正確性、および生産性の向上

タリフ構造がいくら複雑であっても、CargoWise Oneの自動計算機能を使用すると、すべての売買レートを簡単に保存、維持、更新して、即座に取引に適用することができます。顧客固有のレート、ベンダーのコスト、および標準の自社タリフをすべてCargoWise One内に設定することで、将来の価格変動に備えることができます。

自社タリフと顧客レートの機能

オペレーターによるエラーを排除し、自社タリフと顧客レートを設定することで利益目標が達成されていることを確認できます。

自社タリフは複数の顧客に適用することができ、御社の最も頻繁なトレードレーンの標準料金など、通常の販売レートとして設定することができます。御社の業務固有の異なるカテゴリーおよびレート体系に対して、複数のタリフレベルを作成することもできます。

顧客レートを使用すると、オペレーターは個々の顧客に対して合意されたレートを入力でき、一元管理することで既存レートの保存、更新、および容易なアクセスが可能になります。オペレーターは、指定のレートまたはトレードレーンに一致する既存の顧客レートをすばやく見つけ、新規レートが必要になったときのベースラインとして使用することができます。

シングルサインオンでCargoSphereと統合

CargoWise Oneは、複雑で変化の激しいキャリアレートを管理する機能、それらのレートの使用を有効にするシームレスな統合をユーザーに提供し、顧客のサプライチェーンの要求に合うようにマージンとルートを最適化します。

 

 

CargoSphereがCargoWise Oneとのレート統合およびシングルサインオンを発表


CargoWise Oneユーザーは、CargoSphereの海上レートエコシステムへのアクセスとキャリアとの直接接続が可能になります。

お問い合わせ

当社が御社のビジネス目標の達成にどのように役立つかをご確認ください。